銀行ではカードローンの審査に通りやすい件の本音の口コミ

カードローンの審査には、仮審査と本審査があります。インターネットや申し込み用紙に記載された個人の勤続年数や年収、居住形態などの状況を見て貸し付け 可能かを見極めます。仮審査に合格したら、本審査となり個人信用情報機関に照会して、他社からの借り入れ状況や過去に延滞歴、遅延歴やその他の金融事故歴 が無いか、他社のカードローン審査に落ちていないかなどの情報を確認します。事前に提出した申込用紙の他社からの借入金額に虚偽を記載した場合は、必ずこ の段階でバレてしまいますから、虚偽記載は絶対にやめましょう。又、消費者金融(銀行系カードローンを含む)からの借り入れは総量規制がありますから、他 社からの借り入れがある人は事前に借入総額を計算しておきましょう。特に問題がなければ、勤務先への在籍確認を省略する金融業者も増えてきています。


銀行カードローン審査通りやすい?即日融資ならココ【審査通過のコツ】