フラット35借り換え団信保険料ってなによ?

長期固定型金利のフラット35の金利が1%台で推移している今こそが、住宅ローン借り換えのチャンスと言われています。
フラット35に借り換えれば返済終了まで月々の返済額が一定になるので、生活プランが建てやすく金利面でも安心ですね。
又、保証料や繰り上げ返済手数料が不要なので、借り換え時の諸費用を節約することができます。
反面、民間の住宅ローンでは必須だった団体信用生命保険の加入が任意なことが不安材料です。
民間の住宅ローンは団信の費用は無料です。
しかし、フラット35では加入に際して任意なので、保険料が1000万円の借り入れに付き34,000円(税抜き)かかってしまいます。
3000万円借り入れたら10万円以上の現金を一括で支払うことになるので、ちょっと負担が大きいですね。
FPの交通費・お茶代は私が負担するの?【訪問型ファミレス保険相談】