IPO投資に適した証券会社は?

証券会社によって、新規公開株(IPO)への向き合い方が異なります。証券会社別に効果的なIPO投資法を解説します。A証券は、毎年IPOの取り扱いが多い証券会社です。それにもかかわらず、抽選権利が1人1票制のため、万人に平等な抽選機会が与えられます。具体的な抽選方法は、機械によって乱数で当選者を決めると言われています。B証券は、抽選権利は1人で1票です。抽選方式は、資金がたくさんあっても、少なくても関係ありません。つまり、抽選権利は1人1票で平等で、資金が少ない方にも大いにチャンスがあります。裏を返して考えると、受けられる抽選は1人1票ですから、家族名義でもう一つ口座を作り、2人分で申し込めば、当選確率は純粋に2倍になります。C証券も抽選権利は1人で1票です。ただし、C証券は大手銀行グループの一員なので、同銀行傘下の証券会社が主幹事となっている銘柄では、幹事証券になっていなくても、IPOの取扱いがあります。

ネット証券手数料ランキング
ネット証券を比較する情報サイトです。初心者が株取引をはじめるための選び方についての記事や、手数料や金利を分析した各項目ごとのおすすめなど、データ重視で公正に選んでいます。
xn--9ckkn6335a41q9jehi335bqv0eu8j.skr.jp/