プロバイダには最低契約期間がある?

プロバイダと契約する際、利用する期間を最低限設けているプロバイダがいろいろとあります。
それはキャンペーンの特典だけを受け取って、すぐに契約解除されたり、他のプロバイダに変えられないように違約金を設定しているからです。
もしも、途中で契約を解除する時には、違約金に関してしっかり確認をしてから手続きしていった方がいいでしょう。
このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダに変更したのですが、失敗でした。
確かに、値段はかなり出費が減りました。
しかし、ネット接続の不具合が頻繁に起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
よく考えずにプロバイダ変更してしまったと、後悔がやってきました。
どこの回線にしようか困った時には、おすすめサイトを参考にすれば良いのではないでしょうか。
多々の光回線を扱っている会社を比較してくれているので、その中から自分の条件にあったものを精選すれば良いのではないでしょうか。
お得なキャンペーンのおしらせも見つけることができるかもしれません。
ワイモバイルは最低でもランニングコストが3000円はかかってしまいますが、複数の機器を使用している場合には、なんと500円割引になります。
それだけでなく、解約金がかからなかったりと、二台目以降の契約がどんどんお得になります。
なので、この先は、au、docomo、softbankに代わって、広まっていくと思われます。