ココマイスター・クリスペルカーフシリーズの特徴は?

生後3カ月~6カ月の子牛の皮をカーフと呼ぶそうです。
このカーフを本を生かしつつ、短時間クロムでなめした皮をボックスカーフと呼ぶそうです。
中でも、ドイツの名門「」ベリンガー社が製造するボックスカーフをクリスペルカーフと呼ぶそうですね。
プレゼントにも人気の革財布を取り扱っているココマイスターでも、このクリスペルカーフで作った革製品があります。
クリスペルカーフの特徴は、さらっとした柔軟性のある手触りがあり、水シボと呼ばれる細かいでこぼこが表面にある事です。
この水シボがある事により、革の表面に陰影が出来て、高級感が引き立つそうです。
クロームなめしをされているので、非常に耐久性が強く、小さな傷を目だたなくする作りになっているそうですね。
ココマイスター永久保証は?修理して貰える?【トラブルがあった時は?】